伊藤英明さんが主演で映画化される
「悪の教典」を小説で読んでいますが、最高に面白いです!

私は上下巻と両方とも購入して
今やっと半分くらい読み進めたところなんですが、
読むのが楽しくて止まりません^^


ストーリーはもうかなりぶっ飛んでいて、

主人公の教師である蓮実は人の良い
生徒からも絶大な人気を誇る先生だったのですが、
実はすべて計算されて作り上げられた仮面だったのですよ^^

その外見に隠された実際の中身は
人の皮をかぶった悪魔のような存在だったのです。

まあ実際に読んでみる事をオススメするので
これ以上は詳しくは書きませんが、この世界観にはグイグイ引き込まれるはずですよ^^

ストーリーの展開は本当に面白いですし、
蓮実の頭の良さに裏打ちされた心理学などの知識も
垣間見る事が出来るので色々な世界があるのだなと勉強にもなりました。

 

この「悪の教典」はもうすぐ映画化ですが、
伊藤英明さんが演じている蓮実教諭も楽しみですね。

ついこの間まで海猿やってた正義の味方が、
今度は悪魔のような教師役ですから、このギャップは本当に興味深いですし、
小説を読んでみるとハスミン役に伊藤英明さんはピッタリだと思いました。

この予告編を見たら、絶対見たくなっちゃいますよね~^^

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...