数年前から引き寄せの法則がブームになりましたが、
この通り実践すると本当に効果があるのでしょうか?

 

自己啓発本ではロンダ・バーンの「ザ・シークレット」が特に有名で
私の記憶だとこの本が引き寄せの法則のブームを起こしたような覚えがあります。

 

ただ昔からの人々もこの引き寄せの法則を提唱していて
ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」や
ジョセフ・マーフィーの「マーフィーの法則」、
ウォレス・D・ワトルズの「富を手にするただひとつの法則」 などもこれにあたりますね。

 

この引き寄せの法則ですが、
本当に効果があるかどうかを証明する事はなかなか難しそうですが、
心理学や脳科学などの観点と照らし合わせると
それなりに信憑性はありそうです。

 

心理学ではアファメーションを使う事で
暗示や催眠をかけることができますが、

その原理にあてはめてみると、考えたことが現実になるというのは
個人的な経験に基づいても実際にありえる事だと感じます。

 

ただ一日に数回だけ理想的な状況を考えて
あとの時間は全て忘れてると言った具合では
まず思考は現実化しないのではないかと思います。

無意識レベルで心の底から夢は叶うと信じていなければ
理想的な未来は恐らく手に入らないでしょう。

 

実際最も難しいのがこの部分で、現実世界の臨場感が圧倒的に強いため
普通の状態だとなかなか無意識レベルで思考を変化させられないんですよね。

 

この問題をクリアするには瞑想などで
意識状態を変えてあげる必要があるんですが、

 

この部分に関しては苫米地英人先生の本が非常にわかりやすく
科学的な視点で説明もされているので説得力もあり勉強になります。

努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...